オオヒシクイとオニバスの里・水の公園 福島潟は、220種以上の野鳥、450種以上の植物、そして地域の人々が集まる自然公園です。

オオヒシクイとオニバスの里 水の公園 福島潟
サイトマップ english
 
お知らせ 福島潟のご案内 施設案内 事業案内 学校関係者の皆様
トップページ > 周辺施設案内
周辺施設案内
潟来亭自然学習園遊水館菱風荘
潟来亭
 
いろりがあるヨシ葺き屋根の無料の休憩交流施設「潟来亭」です。潟端の昔の民家を模して再現した建物です。
潟の息吹を感じながら、自然と文化の情報発信の場として活用していただければと思います。
開館時間 9時〜17時
ただし、17時〜23時まで専用利用が可能です。
休館日 毎週月曜日(休日の場合は翌日)、
年末年始12月28日〜1月4日
利用料金 無料(夜間の専用利用は1時間につき800円)
利用方法 日中は自然学習園の休憩施設として来園者の皆さんがご利用いただけます。日中の占用利用はできません。
夜間の専用利用は10名以上40名までの団体について受け付けています。専用利用時の管理については開閉・整理整頓など自主管理でお願いいたします。調理はできませんが、温める程度は可能です。
<有料利用案内はこちら>
▲PAGE TOP
自然学習園





観察・実験池
キャンプ場




 
雁晴れ舎(国指定福島潟鳥獣保護区管理棟)
 
園 路
 
水の公園 福島潟の自然学習園ゾーンは、子どもから大人まで、実際に潟の動植物にふれたり、観察しながら学習する場で、自然保護について理解を深めるゾーンです。
観察・実験池
水生植物などを使った水の浄化実験と潟の環境変化などにより少なくなってきている貴重な水生植物の保護池です。生き物の観察学習の場となる池です。





炊事場が設置されており、自然学習園の宿泊スペースとしても利用できます。
トイレは潟来亭のトイレが24時間利用できます。

利用料金 一般200円、
小中高生100円(団体割引有り)
利用方法 利用に際しては事前の申し込みが必要です。限られたスペースですので譲り合ってご利用ください。
<有料利用案内はこちら>
利用期間 3月〜11月末
雁晴れ舎(国指定福島潟鳥獣保護区管理棟)
野鳥等の観察施設として利用できます。
開館時間 9時〜17時
休館日 毎週月曜日(休日の場合は翌日)
年末年始12月28日〜1月4日
利用料金 無料
利用方法 自由にご利用いただけます。
園 路
約1.8キロの行程で園内を一周することができ、自然観察や散策、健康管理のウオーキングなどに利用できます。
お願い
水の公園福島潟では、環境保全のため、園内にごみ箱を設置しておりません。ごみは必ずお持ち帰りください。
自然学習園は、自然環境を体験学習する場です。安全確保などのためにも自然観察に適した服装でおいでください。(長袖、長ズボン、帽子、防寒具など)
自然学習園内へのペットの連れ込み、釣り、自転車等の乗り入れはご遠慮ください。
▲PAGE TOP
遊水館
 
遊水館は、リフレッシュ&リラクゼーションを目的とした水辺の休憩広場です。親水プール(25m)、幼児プール、ウォータースライダーのある室内の温度はシーズンを通して30℃に設定され、常夏の世界。ジャグジープール、採暖室もあります。夏には屋外の流水プールやデコボコスライダー、サンデッキ・テラスも開放され、さらに遊びのメニューが充実。外周水路では、木舟こぎ体験もできます。
>>「遊水館ホームページ」をご覧ください。(外部リンク)
▲PAGE TOP
菱風荘
 
福島潟での自然観察や写真撮影の拠点として、また、豊栄市近郊への帰省の宿としてもご利用いただる福島潟に一番近い宿泊施設です。個室と大部屋がございますので、個人やご家族の他、子ども会等の団体様、クラブの合宿などにもご利用いただけます。
>>「菱風荘ホームページ」をご覧ください。(外部リンク)
▲PAGE TOP
菱風荘
 
水環境を中心に、自然とのふれあいが体験できる施設です。 常設展示のうち、「水辺のいきものと阿賀野川のくらし」及 び「新潟水俣病」では、新潟水俣病の被害・歴史と阿賀野川 の風景・歴史などを紹介しており、被害者の体験を知ること ができます。また、「水とわたしたちの生活」では、生活や 環境の視点から水の大切さを紹介し、水質実験や環境クイズ などを体験しながら学ぶことができます。 
>>「新潟県立環境と人間のふれあい館ホームページ」をご覧ください。(外部リンク)
▲PAGE TOP