オオヒシクイとオニバスの里・水の公園 福島潟は、220種以上の野鳥、450種以上の植物、そして地域の人々が集まる自然公園です。

オオヒシクイとオニバスの里 水の公園 福島潟
サイトマップ english
 
お知らせ 福島潟のご案内 施設案内 事業案内 学校関係者の皆様
トップページ > 名誉館長メッセージ
名誉館長メッセージ
 
遠藤麻理
    はじめまして。遠藤麻理と申します。
  歴代、偉大な先輩方が務めてこられた名誉館長を、若輩者の私が「鳥と福島潟が大好き!」という理由で引き継ぐのはおこがましいかもしれませんが、お受けしたからには、皆さんと存分に福島潟を楽しみ尽くしたいと思っています。
  ワクワクするイベントもたくさん企画する予定ですので、ぜひご参加ください。
  福島潟でお会いしましょう!
遠藤麻理
遠藤 麻理
   プロフィール
     遠藤 麻理 (えんどう まり)/フリーアナウンサー

新潟市出身。2020年6月30日の閉局までFM PORT「モーニングゲート」のナビゲーターを務め、同年8月からBSNラジオ「四畳半スタジオ」(月〜金 13時〜15時放送)パーソナリティー。 著書に『ラジオを止めるな!』(新潟日報事業社)など。連載に、新潟日報『なんとかなる』(第2・4水曜)、月刊誌CARREL『四畳半日記』
 
名誉館長制度について
平成9年に水の駅「ビュー福島潟」がオープンする際、ポスターや広告宣伝に代わるものとして、福島潟を全国にPRし、自然文化に対する市民への啓発を図るため歩く宣伝塔を目指して名誉館長制度を設けました。
歴代名誉館長
初代(平成9〜11年) 三枝 成彰 (作曲家)
2代目(平成12〜14年) 竹内 敏信 (写真家)
3代目(平成15〜17年) 片岡 鶴太郎 (画家・タレント)
4代目(平成18〜20年) 加藤 登紀子 (歌手)
5代目(平成21〜23年) 椎名 誠 (作家)
6代目(平成24〜26年) 加藤 登紀子 (歌手)
7代目(平成27〜28年) 大熊 孝 (工学博士)
8代目(平成29〜30年) 大熊 孝 (工学博士)
9代目(令和元〜2年) 大熊 孝 (工学博士)
10代目(令和3〜) 遠藤 麻理 (フリーアナウンサー)
▲PAGE TOP