福島潟 自然情報
 
令和4年7月30日〜令和4年8月5日
福島潟の様子
大雨の影響で潟の水位が上がり、潟端の園路が冠水しました。園内ではあちらこちらからアブラゼミの声が聞こえ、学習園の池ではヒシモドキの花が確認されました。
野 鳥
オシドリ◆、カルガモ、カンムリカイツブリ◆、キジバト、カワウ、ヨシゴイ、ゴイサギ、ササゴイ、アオサギ◆、ダイサギ◆、チュウサギ◆、コサギ、バン◆、オオバン、ミサゴ、トビ◆、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ツバメ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ(以上26種)
◆…潟中央カメラで観察できた鳥
植 物
ミズタマソウ★、ヒシモドキ★、トチカガミ★、オニバス(41輪8/3)、クサネム、メドハギ、ヘラオモダカ、オモダカ、ミソハギ、ヒメナミキ、オミナエシ、ヤブカンゾウ、ハス、コウホネ、ヒシ、ガガブタ、アサザ、ミズオオバコ、クルマバナ、イヌゴマ、ツユクサ、オカトラノオ、ヌマトラノオ、セリ、シロネ、ケキツネノボタン、キツネノボタン、ハマヒルガオ、シロツメクサ、ブタナ、トウバナ
★…今週開花を確認しました
そ の 他
シマヘビ、セスジイトトンボ、ハグロトンボ、ギンヤンマ、オオヤマトンボ、ショウジョウトンボ、コフキトンボ、チョウトンボ、ミヤマアカネ、コカマキリ、ハラビロカマキリ、エンマコオロギ、ショウリョウバッタ、アブラゼミ、マメコガネ、キムネクマバチ、ナミアゲハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、ツバメシジミ、ベニシジミ
 
自然学習園の池で発見!
ヒシモドキ
【お知らせ】
第43回SSP展「自然を楽しむ科学の眼2022-2023」
2022年7月23日(土)〜8月28日(日)休館日除く
  自然科学写真にたずさわるプロ、アマチュア写真家、専門家で構成する日本自然科学写真協会(SSP)の会員作品を厳選し、顕微鏡で見た世界から野生動物、風景、天体写真まで、普段目にすることのできないさまざまな自然をとらえた作品60点を展示します。
会場:ビュー福島潟5階企画展示室
Facebookにも季節の話題がいっぱい

詳しくは、
水の駅「ビュー福島潟」(025-387-1491)まで
 
過去の自然情報はこちら
トップページへもどる