福島潟 自然情報
 
平成30年4月14日〜平成30年4月20日
                          
福島潟の様子
気温も高くなり草花が次々と開花。盛りを迎えた菜の花畑ではハチたちが花粉を集めています。しばらく姿を消していたカワセミも園内に戻ってきました。潟の中ではコイが水面を波打たせながら産卵しています。
野 鳥
キジ、ヨシガモ◆、ヒドリガモ◆、マガモ◆、カルガモ◆、ハシビロガモ◆、オナガガモ◆、コガモ◆、ホシハジロ◆、キンクロハジロ◆、スズガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ◆、キジバト、カワウ◆、アオサギ、ダイサギ◆、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、コチドリ、タシギ、ミサゴ、トビ◆、ノスリ、カワセミ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、セグロカモメ◆、ムクドリ、ツグミ、コマドリ、ジョウビタキ、ノビタキ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオアカ、カシラダカ、アオジ、コジュリン、オオジュリン◆(以上53種)
◆…潟中央カメラで観察できる鳥
植 物
ミズバショウ★、シロツメクサ★、ミツガシワ★、キュウリグサ★、ヘビイチゴ★、ヤハズエンドウ★、ヒメジョオン★、エゾタンポポ★、セイヨウタンポポ★、トキワハゼ★、ムラサキケマン、カキドオシ、ツボスミレ、サワオグルマ、サギゴケ、ユキヤナギ、スズメノヤリ、タネツケバナ、スカシタゴボウ、ハマダイコン、コハコベ、オランダミミナグサ、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、タチイヌノフグリ
      
その他
イタチ、ニホンアマガエル、キムネクマバチ、セグロアシナガバチ、セイヨウミツバチ、モンシロチョウ、キタテハ、キアゲハ、ヒメアカホシテントウ

大きなねずみ捕まえたよ!
まだ冬毛の赤いイタチ

【お知らせ】
名誉館長イベント 福島潟一周ウォーク
5月13日(日) 午前8時30分〜午後1時
一周7.5キロメートルの福島潟をウォーキング。
歩いた後は大熊孝名誉館長のお話の会です。
電話:025-387-1491まで
Facebookにも季節の話題がいっぱい
 
過去の自然情報はこちら
トップページへもどる