福島潟 自然情報
 
平成30年12月1日〜平成30年12月7日
                          
福島潟の様子
本格的な冬を前に2日は快晴で朝焼けもきれいでした。5日にはヘラサギ1羽をおよそ2年半ぶりに確認。7日には潟カメラでオジロワシを初認、カモを捕食していました。
野 鳥
オオヒシクイ◆     2300羽(12/7)
マガン◆         280羽(12/7)
コハクチョウ◆     4400羽(12/7)
オオハクチョウ◆     24羽(12/7)
オカヨシガモ、ヨシガモ◆、ヒドリガモ◆、マガモ◆、カルガモ◆、ハシビロガモ◆、オナガガモ◆、トモエガモ◆、コガモ◆、ホシハジロ◆、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ◆、カンムリカイツブリ◆、ハジロカイツブリ、カワウ◆、アオサギ◆、ダイサギ◆、ヘラサギ◆(12/5 初認)、オオバン、トビ◆、オジロワシ◆(12/7 初認)、チュウヒ◆、オオタカ◆、ノスリ◆、カワセミ、アカゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ミソサザイ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、オオジュリン、ホオジロ、カシラダカ   (以上44種)
◆…潟中央カメラで観察できた鳥
 
植 物
ブタナ、ハナニガナ、オオジシバリ、セイヨウタンポポ、ヒメジョオン、セイタカアワダチソウ、スカシタゴボウ、タネツケバナ、コハコベ、ノミノフスマ、ツボスミレ、ヒメスミレ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、イヌホオズキ、ゲンノショウコ、ユキヤナギ、オオイヌノフグリ
      
その他
ヨモギハムシ、ジュンサイハムシ、アキアカネ、オオハナアブ、コバネイナゴ

ヘラの嘴でどうやってエサを捕るの?
並んでいるヘラサギとダイサギ

【お知らせ】
オオヒシクイ案内所
2018年12月16日(日)  午前6時20分〜午前7時20分 雁や白鳥の飛び立ちを早起きして観察します。 暖かい服装でお越しください。荒天中止。
電話:025-387-1491まで
Facebookにも季節の話題がいっぱい
 
過去の自然情報はこちら
トップページへもどる