福島潟 自然情報
 
令和3年10月9日〜令和3年10月15日
福島潟の様子
13日にシジュウカラガン26羽が初認され、周辺の田んぼで採餌する様子が見られました。晴れた日にはアキアカネが空を飛びまわっています。
野 鳥
オオヒシクイ◆       71羽(10/15)
マガン◆          69羽(10/15)
シジュウカラガン(10/13初認)59羽(10/14)
コハクチョウ◆      2300羽(10/15)
オオハクチョウ◆(10/15初認) 2羽(10/15)

ヒドリガモ◆、マガモ◆、カルガモ◆、ハシビロガモ◆、オナガガモ◆、コガモ◆、キンクロハジロ◆、カイツブリ◆、カンムリカイツブリ◆、キジバト、カワウ、アオサギ◆、ダイサギ、オオバン◆、ツルシギ、アカアシシギ、ミサゴ、トビ◆、チュウヒ◆、カワセミ、アカゲラ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ジョウビタキ、ノビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ(以上35種)
◆…潟中央カメラで観察できた鳥
植 物
オオニガナ、ミゾソバ、ヤノネグサ、イヌタデ、ハッカ、ツユクサ、アキノノゲシ、サワヒヨドリ、ブタナ、カタバミ、シロツメクサ、コハコベ
★…今週開花を確認しました
そ の 他
シマヘビ、アキアカネ、ノシメトンボ、コカマキリ、コガタスズメバチ、ツマキチョウ、モンキチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ
 

お花がこんぺい糖のような形の
ミゾソバ

【お知らせ】
潟のごっつぉ展 ‐地元学シリーズ第21弾‐
2021年10月16日(土) 〜 11月14日(日)
  潟では色々な食材が採れましたが、生活の変化 と共に伝統的な食文化は失われつつあります。 懐かしく、またこれからも活かしたい福島潟の食 文化の一端を、過去の地元での聞き取りとともに パネル展示でご紹介します。
Facebookにも季節の話題がいっぱい

詳しくは、
水の駅「ビュー福島潟」(025-387-1491)まで
 
過去の自然情報はこちら
トップページへもどる